本コンテンツへスキップ
インサイト>スポーツ・ゲーム

これは見なきゃ損!」バイラルビデオの音楽的なインパクト

2分で読めるシリーズ|2014年7月

動画がオンラインに投稿されると、それが誰の手に渡り、どれだけ人気が出るかは分かりません。そして、最近のデジタルコンテンツと同様、ソーシャルメディア上で数回転送または共有されるだけで、数分のうちに何かが主流メディアへと押し上げられるのです。AWOLNATIONの "Sail "に合わせて猫がジャンプする(そして失敗する)動画、カニエ・ウェストの "Gone "に合わせて解釈ダンスをすることで仕事を辞める女性、クリス・ブラウンの "Forever "に合わせて入場するブライダルパーティなど、笑えたりショッキングだったり感動的な動画、特に我々が愛する曲を取り入れたものは抵抗がないでしょう。音楽がビデオに特別なタッチを加えることは否定しませんが、これらのビデオの何百万回もの再生は、もっと大きな影響を与えるのでしょうか?具体的には、楽曲の販売に影響を与えることができるのでしょうか?

楽曲の売上は様々な影響を受けますが、最近の傾向として、バイラルビデオがその一翼を担っていることが示唆されています。実際、バイラルビデオで楽曲が紹介された1ヵ月後に、売上が急激に伸びた例もあります。例えば、2010年の『Teenage Dream』に収録されているケイティ・ペリーの「Peacock」は、ペリーがブレイクしたアルバム発売後の2010年11月にスティーブン・カーディナルがバイラル動画「Chatroulette Version」を発表してから1ヶ月で64%も売上が急増した。同様に、ロビンの2011年のシングル「Call Your Girlfriend」の売上は、姉妹デュオのレノン&メイジーが2012年にエラトにインスパイアされたアコースティックカバーをアップロードしてから1カ月後に12%増加しました。また、バイラルビデオに登場することで利益を得ているのは、これらの曲だけではありません。ニッキー・ミナージュ、ドレイク、レディー・ガガなどのアーティストの曲も、注目すべき売上増を記録しています。

メソドロジー

売上比率の推移は、動画投稿前と4週間後のニールセン・サウンドスキャンの売上数値の比較によるものです。再生回数は、2014年7月25日にYouTubeから収集したものです。

同じトピックを見続ける