本コンテンツへスキップ
インサイト>メディア

レッドカーペットの再投稿。ソーシャル・メディアで大活躍のアワードショー

5分で読めるシリーズ|2019年3月号

いつでもどこでも視聴可能なコンテンツが数多くあるにもかかわらず、賞のようなテレビの生放送の特別番組にチャンネルを合わせることの魅力は、ますます大きくなっています。今日のテレビ番組の生中継を構成する要素のひとつにソーシャルメディアがあり、テレビの視聴者とコンテンツ制作者が同じリビングルームに座っているかのように反応し、関わることができます。華やかさ、魅力、文化的な関連性から、特にアワードショーはコンテンツと会話を結びつけるユニークな材料を提供しています。

トップ10アワードショー シーズンTOデート

特に授賞式に関する話題は、ソーシャルメディアのフィード上で盛り上がり、ファンやセレブリティ、企業がニールセンについて 受賞者、失言、バイラルな瞬間など、テレビの生特番ならではの話題を提供することができます。もちろん、視聴者はこれをすべてリアルタイムで、インターネット全体が会話に参加するような大量のエンゲージメントを促進するプラットフォーム上で行うことができます。

NielsenSocial Content Ratings®は、TVシーズン中に最も話題を集めた受賞番組だけでなく、主要なソーシャルメディアパブリッシャーで何が、誰が、その受賞を成功させたかを分析しました。

トップ・パフォーマンス・コンテンツと最もソーシャルな瞬間

番組(ネットワーク、タレントなど)に公式に関連するアカウントからの戦略的なソーシャルメディア投稿や、バイラルな熱狂を巻き起こす自然発生的なテレビの瞬間は、広範囲な活動をもたらし、視聴者の共感を呼ぶことができます。ネットワークと有名人にとって、魅力的でタイムリーなソーシャルコンテンツを通じてソーシャルメディアの影響力を行使することは、授賞式のようなライブの大イベントでの影響力を拡大することができます。

例えば、カーディ・Bがグラミー賞受賞後にInstagramで叫んだアニメーションは、リニアウィンドウ内で160万エンゲージメントを記録しました。これは、いくつかの番組が公式アカウント全体で生み出したエンゲージメント数よりも多い数字です。一方、アカデミー賞関連で最もソーシャルな投稿をしたのは、タレントのアンジェラ・バセットで、コートニー・B・ヴァンスのそばで正装している画像などがあり、Instagramで51万5000件以上のエンゲージメントを獲得しています。

さらに、放送中に説得力のある場面があると、視聴者が様々な反応を示し、社会的な活動が急増することがあります。グラミー賞の司会者兼演奏者のアリシア・キーズは、ピアニストのヘイゼル・スコットへのトリビュートで2台のピアノを同時に演奏し、ソーシャルな話題に火を付けました。これは、この夜で最もソーシャルな瞬間で、Twitter上で8万件近いツイートやリツイートなどのインタラクションを引き起こしました。トリビュートの直前には、観客に演奏を聴くよう促すビデオをソーシャルメディアに投稿し、11万6千件以上のエンゲージメントを獲得しました。投稿から数分後とパフォーマンス中は、グラミー賞の視聴率も上昇し、全体の視聴率はテレビ放送の平均視聴率と比較して10%以上上昇しました。

同様に、レディー・ガガとブラッドリー・クーパーのライブパフォーマンス "Shallow "に対するファンの反応として、アカデミー賞のTwitterアクティビティは69,000以上のTwitterインタラクションで会話のピークを迎えました。 ニールセン・ミュージックによると、アカデミー賞の日曜日から翌日にかけてニールセンについて 56,000 ダウンロードを売り上げたこのオリジナル曲(他のオリジナル曲賞にノミネートされた4作品の合計売上よりも多い)とそのパフォーマンスは、マルチプラットフォームのマーケティング戦略の利点を浮き彫りにしています。

アワードショーでは、番組やネットワークのアカウントを使って画像や動画を投稿しています。

テキストやビデオなどのソーシャルコンテンツの種類と、それがどこから来たのかを可視化することで、受賞番組がどのようにソーシャルメディアで話題を呼ぶのかの背景を知ることができます。アカウントとメディアの種類はそれぞれ独自の能力と強みを持っています。これらの特性を適切に活用し、融合させることが、ソーシャルバズを成功させるために重要です。

例えば、グラミー賞を見ると、テレビ放送のソーシャルランキング1位は、番組に関連するタレントアカウントによって強化されました。一方、VMAのソーシャルエンゲージメントの起源は、ネットワークとタレントのアカウントでより均等に分けられていました。同様に、アカデミー賞は、番組とタレントのアカウントから発生したファンエンゲージメントの割合が比較的均等でした。3つの賞のすべてが、その夜の祭典を宣伝するために、画像ベースの投稿を好んでいました。

ブランドとアワードショー

授賞式の話題性が高いだけでなく、これらの特別番組に関連するブランドもソーシャル活動の増加から利益を得ることができる。グラミー賞でのカミラ・カベロのマスターカード広告、アカデミー賞でのティファニー・ダイヤモンドを身につけたレディー・ガガ、VMAsでのベスト・ニュー・アーティスト賞のタコ・ベルによるスポンサーシップなどがその例である。

このような連想は、ソーシャルな領域にも持ち込むことができます。これらの番組の視聴者がそれぞれツイートしたブランドを見ると、ニールセンについて 、マスターカード、ティファニー、タコベルが、それぞれの授賞式でファンの間で最も話題になっていましたニールセンについて 。各ブランドは、番組制作者(ブランドと授賞式についてニールセンについて ツイートした人)による番組前の数日間の平均活動量と比較して、授賞式当日の活動量が大幅に増加する「ソーシャル効果」を経験しました。さらに、各アワードショーとブランドにおいて、プログラム作成者のブランド活動の増加は、プログラム作成者以外の活動よりも多く、ショーの関連性がブランドのアーンドメディアをより促進させたことを示唆しています。

ソーシャルメディアは、正しく活用されれば、自由に使えるダイナミックなツールです。視聴者にとっては、お気に入りのセレブリティや番組、ブランドとリアルタイムで交流できる有機的な手段です。タレント、ブランド、ネットワークにとっては、広告を統合し、関心を持たせ、ファンベースを増やすことができる、広範でアクセスしやすいプラットフォームです。今シーズンの授賞式は、ソーシャルメディア上の表現を通して、多くのオーディエンスの注目を集め、自分自身や他の人々のエンゲージメントを促進する明確な能力を再び実証しました。

同じトピックを見続ける