本コンテンツへスキップ
ニュースセンター>

スマートフォン利用者が増加し、モバイル製品の広告費が急増

5分で読めるシリーズ|ミラ・ルビス|2018年4月号
{“order”:3,”name”:”pubdate”,”attributes”:{“hidePublishDate”:”true”,”jcr:mixinTypes”:”[cq:LiveRelationship]”,”sling:resourceType”:”nielsenglobal/components/content/publishdate”},”children”:null}

ジャーナリスト・編集者へのメッセージ

  • ニールセンは、ジャーナリストや編集者がニールセンのデータを情報源とする場合、記事にニールセンの方法論に関する簡単な説明を含めることを強く推奨しています。
  • ニールセンのデータを参考として、不正確な可能性を避けるため、上記担当者にご遠慮なくお問い合わせください。
  • ニールセンは、記事中のニールセンデータ使用の不正確さに対して、返信する権利を有します。

スマートフォンユーザーの増加、モバイル製品の広告費は急増している ● スマートフォンはマルチメディアやエンタテインメントに最適 ● スマートフォンブランドの広告宣伝はテレビがメインとなる

2018年4月18日、ジャカルタ - インドネシア市場におけるスマートフォンユーザーの増加に伴い、モバイル製品の広告費も急増しています。ニールセン広告情報(Ad Intel)によると、2017年、総広告費146兆ルピーのうち、3.2兆ルピーもの広告費がモバイル製品からもたらされています。

2016年以降、スマートフォンの所有率がフィーチャーフォンの所有率を大きく上回っています。2017年にニールセンが調査したインドネシアの11都市におけるモバイルデバイス所有者の合計67%のうち、スマートフォン所有者は44%に達している一方、フィーチャーフォン所有者は26%にとどまっています。2015年と比較すると、スマートフォン所有者がフィーチャーフォン所有者(43%)よりも少ない(34%)ところ、この数字は大きく増加しています。また、スマートフォンとフィーチャーフォンを同時に所有しているモバイル端末所有者は2.5%に過ぎず、2016年(2.8%)、2015年(3.9%)と比較して減少傾向が続いている。

マルチメディアとエンターテインメント機能がスマートフォンの特徴消費者がスマートフォンを購入する際の主な要因は、エンターテインメントとマルチメディア機能である。これは、消費者がスマートフォンを購入する際に考慮する要素、すなわち、(1)他の人とつながるため、(2)重要かつ緊急と考えられるため、(3)音楽を聴くため、(4)チャットのため、(5)情報を更新するため、というニールセンデータが示しています。

利用状況としては、スマートフォンを購入する主な理由であるエンターテインメントやマルチメディアの機能に合わせて、スマートフォン所有者は、WhatsApp、BBM、LINEといった最も頻繁にアクセスされるメッセージアプリを使ってショートメッセージを送ることがとても好き(64%)です。59%は、Facebook、Instagram、Twitter、Pathなどのソーシャルメディアで交流するのが好きです。一方、48%の消費者がスマートフォンを使って、Youtube、Joox、Spotifyで音楽を聴いたり、ビデオを見たりしています。

"ニールセンについて スマートフォン所有者の3人に2人は、インスタントメッセージングアプリケーションを通じてメッセージを交換するためにデバイスを使用し、スマートフォンユーザーの半分以上(59%)は、ソーシャルメディアにも接続しています。ニールセン・インドネシアのメディア担当エグゼクティブ・ディレクターのヘレン・カテリナは、「スマートフォン所有者は、お互いに常に接続することに慣れていることは否定できません。

テレビでのスマートフォンの広告戦争Nielsen Ad Intelは、2017年にモバイル製品の広告費が3.2兆IDRに達し、広告費全体の2%に相当し、テレビが依然として広告の主な選択肢であることを記録した。サムスンは2017年を通して携帯電話カテゴリーの最高支出者であり、総広告費は1兆ルピーを超え、テレビでの広告比率は95%であった。Vivoが総広告費IDR824 Billionで続き、テレビへの広告出稿率は99%である。3位の広告主はOppoで、総広告費は4,610億IDR、テレビへの広告出稿比率は96%。第四位は、積極的に総広告費IDR202億テレビ(98%)でアドバンであり、次に80%の総広告費IDR154億とレノボは、テレビ広告にあります。

モバイルブランド広告主の上位3社は、それぞれテレビを活用した広告戦略を持っている。サムスンの広告はコマーシャルブレイクが96%と圧倒的で、ビボとオッポは番組内広告を利用し、それぞれ66%と85%であった。

「競争が激化している現在、ブランドはCMだけでなく、番組内広告を活用して商品を伝えています。テレビ視聴者の多くはCMの間にチャンネルを切り替えるので、番組内で広告を出すことで、より多くの視聴者にリーチすることが期待できるのです。「とHellenは言った。

Vivo V7+やVivo V9など、同社製品のいくつかのバリエーションを宣伝するために、全国民放テレビで生放送されるグランドローンチイベントを開催し、巨額の広告費を注ぎ込んだ。CM枠の活用に加え、Vivoは番組内広告も最大限に活用している。2017年9月にVivo V7+を発売した際、Vivoは1日でテレビCM Break枠に79億IDRを費やし、テレビ局9局での生放送で1670万人のテレビ視聴者を獲得することに成功しました。VivoはCommercial Break以外にも、バックドロップ、プロダクトプレイスメント、ビルドイン、アドリブなどのOn-Set Placement(48%)、スクイズフレーム、スーパーインポーズ、ランニングテキスト、デジタル埋め込みなどのOn-Screen Placement(52%)という形で番組内広告を利用しています。

半年後の2018年3月29日、Vivoはテレビ局12社でライブ放送を行い、Vivo V9を発売しました。TVコマーシャルブレイクのために1日でIDR8,4 Billionの総支出を行い、Vivo V9 Grand Launchは1470万人の視聴者にリーチすることができた。番組内広告では、Vivo V9 Grand Launchは、オンスクリーンプレイスメント(23%)よりも、オンセットプレイスメント(77%)を多く利用している。

***

ニールセンについて NIELSEN AD INTELAd spending information is extracted from Ad Intel data is monitoring Indonesian advertising activity.2017年の広告モニタリングは、全国テレビ局15社、新聞99社、雑誌・タブロイド紙120社を対象としています。広告費率は、割引、ボーナス、プロモ、パッケージ価格などを計算しない、グロスレートカードに基づくものです。

ニールセンについて NIELSEN CONSUMER AND MEDIA VIEWCMVは、インドネシアの主要11都市(ジャカルタ、バンドン、ジョグジャカルタ、スマラン、スラカルタ、スラバヤ、デンパサール、メダン、パレンバン、マカッサル、バンジャルマシン)で、10歳以上の17000人以上の回答者に対して行われた無作為抽出調査である。得られた情報には、デモグラフィック、サイコグラフィック、メディア利用、製品使用に関するデータが含まれています。

ニールセンについて NIELSENNielsen Holdings plc (NYSE: NLSN) は、世界中の消費者と市場について最も完全で信頼できる見解を提供するグローバルな測定およびデータ分析企業です。ニールセン独自のデータと他のデータソースを組み合わせることで、世界中のクライアントが、今何が起きているのか、次に何が起きるのか、そしてその知識に基づいてどのように行動するのがベストなのかを理解できるようなアプローチをとっています。ニールセンは90年以上にわたり、科学的厳密さと革新性に基づいたデータと分析を提供し、メディア、広告、小売、消費財業界が直面する最も重要な問題に答えるための新しい方法を開発し続けています。S&P500社の一社であるニールセンは、100カ国以上で事業を展開し、世界人口の90%以上をカバーしています。詳細については、www.nielsen.com をご覧ください。

###