本コンテンツへスキップ
インサイト>メディア

TVは引き続き王者だが、3QのMVPはディスプレイのインターネット広告

2分で読めるシリーズ|2014年1月号

ニールセンの四半期報告書「Global AdView Pulse」によると、メディアタイプ別の広告費は2013年の第1~3四半期までトレンドが続き、テレビ広告とディスプレイ・インターネット広告が世界的にリードしています。

ファイル

一部の国で計測されていますが、2013年第1四半期から第3四半期にかけて、ディスプレイ・インターネット広告は前年同期比で32%以上の伸びを記録しています。インターネット広告は、広告業界の「おむすび」であることが証明されており、マーケターはその重要性が急速に高まっていると広く考えています。この媒体の急成長が何らかの指標になるとすれば、マーケティング担当者の予測は的中していると言えるでしょう。

ディスプレイ・インターネットの広告予算が急増しているにもかかわらず、テレビは全広告費の57.6%のシェアを占め、広告主はテレビに4.3%多く投資しており、依然としてトップに君臨しています。広告費総額が数四半期連続でマイナス傾向にある欧州でさえ、今年度第 1~3 四半期のテレビ広告費は横ばい(0.0%)でした。

しかし、ヨーロッパの広告主は、2013年の第1~3四半期にラジオへの広告支出を6.5%削減しました。一方、ラテンアメリカの広告主は、このメディアタイプに12.4%多く投資しています。世界的に見ると、ラジオ広告費は累計で0.7%減少しています。また、新聞、雑誌、映画の広告費も減少しています(それぞれ2.2%、1.1%、1.3%)、これは広告主が広告予算をテレビとディスプレイ・インターネットに移行する傾向が強まっているためです。

ファイル

「インターネットが広告主にとって最も急速に成長しているメディアであることは驚くことではありませんが、テレビは依然として支出額でトップのメディアです」と、Nielsenの広告主ソリューションのグローバルヘッドであるRandall Beardは述べています。「しかし、本当にエキサイティングなのは、この2つをどのように連携させるかです。私たちは、広告主が複数のスクリーンで消費者とつながり、メッセージを戦略的に強化してインパクトを最大化するために、統合キャンペーンを利用することを常に目にしています。

ファイル

方法論

Nielsen Global AdView Pulseは、テレビ、新聞、雑誌、ラジオ、屋外、映画館、インターネットディスプレイ広告の広告費を測定します。一部の市場では、データの都合上、一部のメディアを除外している場合があります。

レポートに含まれるその他の国の外部データソースは以下の通りです。

  • アルゼンチン:IBOPE(ブラジル世論・統計研究所)
  • バーレーンPARC(パン・アラブ・リサーチ・センター)
  • ブラジルIBOPE(ブラジル世論・統計研究所)
  • クロアチアニールセン、イプソスとの提携
  • エジプトPARC(パン・アラブ・リサーチ・センター)
  • ギリシャメディアサービス
  • 香港:admanGo
  • 日本日本デイリー通信社
  • クウェートPARC(パン・アラブ・リサーチ・センター)
  • レバノンPARC(パン・アラブ・リサーチ・センター)
  • メキシコIBOPE(ブラジル世論統計研究所)
  • オマーンPARC(パン・アラブ・リサーチ・センター)
  • 汎アラブメディアPARC(パン・アラブ・リサーチ・センター)
  • ポルトガルメディアモニター
  • カタール:PARC(パン・アラブ・リサーチ・センター)
  • サウジアラビアPARC(パン・アラブ・リサーチ・センター)
  • スペインアルセメディア
  • UAEPARC(パン・アラブ・リサーチ・センター)

同じトピックを見続ける