本コンテンツへスキップ
インサイト>スポーツ・ゲーム

アバターを超えて:LGBTQ+コミュニティにおけるゲーミング

3分で読めるシリーズ|ニールセン・ゲームス ディレクター ライアン・スナイダー|2022年7月号

※本件は翻訳記事となります
私が初めてビデオゲームをしたとき、それはすべてから逃避する行動の一つでした。学校や社会の圧力から逃れ、自分以外のキャラクターを演じることができる別の世界へと消えていったのです。

成長し、自分自身とクィア男性としてのアイデンティティに自信を持つようになった今、ゲームはもはやニールセンについて の逃避ではなく、ニールセンについて のつながりとなっています。それは私にとって、世界中にいる、あるいはただ道を隔てただけの友人と連絡を取り合うための方法です。そして、私は一人ではありません。LGBTQ+の人々が日常生活で直面する問題を考えると、ゲームは私たちがありのままの自分でいられる場所であり、安全な空間で自己表現できるコミュニティを構築してくれるのです。 

シミュレーションゲームやロールプレイングゲームでは、ここ数年、LGBTQ+のキャラクターが登場する機会が増えてきています。ニールセン・ゲームズの最近の調査によると、LGBTQ+のゲーマーは、一般の人たちよりもロールプレイングゲームを29%、シミュレーションゲームを54%も多くプレイしているそうです。

ニールセンの最新のグローバルLGBTQ+レポート(英語のみ)では、メディアにおけるLGBTQ+の包摂に対する認識は改善されているものの、その包摂は主にゲイやレズビアンの人々に偏っていることがわかりました。ゲームの世界ではその傾向に逆行し、『オーバーウォッチ2』や『スピリット・スワップ』といった人気の新作タイトルが他のクィアアイデンティティを探求しています。

しかし、LGBTQ+ゲーマーのつながりは、ゲームプラットフォームだけではありません。LGBTQ+ゲーマーの40%以上がビデオゲームのトレイラーを視聴し、80%がYouTubeを利用しています。ゲームパブリッシャーは、コミュニティとのより深いつながりを確立するために、広告やライブストリーム中の会話に参加する機会を得ています。

ゲームにおけるLGBTQ+の表現におけるこの進歩は、ゲームコミュニティの多くの人々やアライの働きによるものですが、GLAADのように、あらゆるメディアプラットフォームにおいて前向きな変化を求めてきた団体もあります。ソーシャルメディアは、LGBTQ+の人々にとって最も包括的なプラットフォームの一つであり、LGBTQ+ゲーマーは、一般の人々よりもTwitter、Discord、TikTokなどのソーシャルチャンネルにチューニングしています。

Qweerty Gamersは、ゲームコミュニティにおけるLGBTQ+の表現力を高めることに焦点を当てた非営利団体で、私は最近Twitterで出会いました。精神衛生上の危機が多くの若者、特にクィアコミュニティに影響を与えている中、このグループはその影響力を利用して、意識を高め、苦しんでいる若者を支援しています。LGBTQ+ゲーマーが危機に瀕した人々を助け、つながりとサポートのための安全な空間を提供する強力な方法なのです。

ビデオゲームの仮想世界は、LGBTQ+の人々が自分たちのアイデンティティを表現する機会を提供し、アバターやゲームのアドオンは、デジタルな自分たちが現実の独自性を反映するのに役立っています。LGBTQ+のゲーマーは、カスタマイズされたビデオゲームアクセサリーに、一般の人よりも65%多く(ニールセンについて $28/月)費やしています。これは、コミュニティの他の人とつながる共有トークンを通じてアイデンティティを表現するもう一つの方法と言えます。LGBTQ+のゲーマーにとって、ゲームはニールセンについて 勝ち負けだけでなく、ニールセンについて 自分がありのままの姿でいることなのです。

同じトピックを見続ける