本コンテンツへスキップ
インサイト>オーディエンス

コネクテッド化が進むカナダの家庭

3分で読めるシリーズ|2016年11月

編集部注:インフォグラフィックのデータは、少なくとも1つのコネクテッドホーム技術を聞いたことがあるカナダの成人という少ないベースではなく、カナダの成人の総数を反映するように更新されました。

「テレビ、冷蔵庫、ホームセキュリティシステムなどのスマートテクノロジーは、現在、家庭のさまざまな部屋で見ることができます。しかし、コネクテッドホーム市場はまだ初期段階にあり、現在コネクテッドホーム機器を所有している消費者は28%に過ぎません。しかし、ニールセンのConnected Home Reportによると、今後2年間で、カナダの消費者の46%がコネクテッドホーム技術を所有するか、購入する予定であると答えています。

興味深いことに、家庭生活を便利にするガジェットに対する消費者の欲求は高まっていますが、カナダの消費者全員が、利用可能なすべてのコネクテッドテクノロジーを知っているわけではありません。カナダ人の73%は、少なくとも1つのコネクテッド・テクノロジーに精通していますが、特定のテクノロジーに注目すると、その数は減少します。コネクテッドアプライアンスに詳しい消費者は58%に過ぎず、コネクテッドエンターテイメントでは59%、ホームオートメーションでは63%、そしてホームセキュリティ技術では66%に増えています。

カナダの消費者のコネクテッドホーム技術への親近感をより深く理解するために、消費者を4つの主要なカテゴリーに分類しています。

  • 野次馬。現在、コネクテッドホーム技術を使用しておらず、今後2年以内に購入する意向もない。
  • ピュアインテンダー。現在、コネクテッドホーム技術を使用していないが、今後2年以内に少なくとも1つは購入する予定である。
  • ダイナミック・ユーザー。現在、少なくとも1つのコネクテッドホーム技術を使用しており、今後2年以内に少なくとももう1つ購入する予定であること。
  • 静的なユーザー。現在、少なくとも1つのコネクテッドホーム技術を使用しているが、今後2年以内に別の技術を購入する意向はない。

ピュアインテンダーとダイナミックユーザーは、コネクテッドホーム技術の小売業者とメーカーが短期間に到達すべき決定的な消費者である。両セグメントとも、今後2年間に家庭内のコネクテッド・テクノロジーの量を増やす意向です。

カナダの大多数の世帯はコネクテッドホーム技術について認識していますが、小売業者やメーカーが克服しなければならない、コネクテッドホームへの飛躍を阻む多くの障壁があると、オンルッカーは述べています。最大の障壁は、現在の技術に満足している消費者で、次いで52%が十分に使用しないと考え、45%がこの技術は高すぎると認識しています。

しかし、現在コネクテッドホーム技術ビジネスに取り組んでいる企業には朗報です。91%の消費者がコネクテッド技術はお買い得だと考えており、現在値段が高いとは考えていないようです。技術の追加に関心のある消費者のうち、ほぼ5分の1が利用可能な技術全体にプレミアムを支払うことを望んでいます。

コネクテッドホーム市場はいたるところで拡大しており、今後もその傾向が続くでしょう。つまり、小売業者とメーカーの双方が利益を得る機会もまた、拡大し続けるはずです。カナダで完全なコネクテッドホームが始まるのはまだ数年先ですが、業界は消費者の関心を理解し、コネクテッドホーム技術の関連性とメリットを証明することで、利用可能な技術の採用を加速させることができるかもしれません。

メソドロジー

本記事の洞察は、Connected Homeから得られたものです。Canadian Market Trends Report」を参照しています。Connected Homeは、Nielsen Consumer Insights, Canadaが2016年6月と7月に英語とフランス語で実施した年次オンラインシンジケートスタディである。

同じトピックを見続ける